Supreme 19 FWシーズンを振り返る

ガイドライン

2019年を通してストリートムーブメントがそれまでの数年と比べやや落ち着いてきた感もあり、Supreme人気もトーンダウンした感が否めないこの頃。

既に20 SSのweek 0のリリースがなされており、新シーズンも楽しみではあるが本記事では昨シーズンに当たる19 FWにてどのBotがどの程度サクセス出来ていたのかデータまとめたので紹介したい。

Sponsored Link

販売開始直後のサクセス状況

  • 拡張型のBotが約7割、リクエスト型が約3割のサクセスあり
  • 拡張型 Best 3
    1位:Quick Cart
    2位:Sup Ninja
    3位:Aireme
  • リクエスト型 Best 3
    1位:MEKpreme
    2位:F3ATHER
    3位:Adept

データ上は拡張型同士で明確な差は見られなかったので使い易いものを使用すれば購入出来ている状況。
リクエスト型はMEKが圧倒的、差を付けられてF3ATHERとAdeptがほぼ同等といったところ。

リストック時のサクセス状況

  • 拡張型のBotはリストックをほぼ購入出来ておらず、リクエスト型が圧倒的優位。
  • リクエスト型 Best 3
    1位:Supreme Slayer
    2位:Project Destroyer
    3位:MEKpreme

SlayerとPDがリストックには滅法強い状況、前者は何時でも購入できる状況なことから母数も多いと推測されるので実態はPDと同等のサクセス率と考える。

Sponsored Link

結論

販売開始時に購入確率が高いのはMEKとQuick Cart、リストックはSlayerとPDという結果なので、
20 SSも当面はこれらのBotを回して入れば高確率で購入可能と思われる。

新たにSupreme オンラインに挑戦される方は本記事を参考にサクセス数を稼げるよう尽力してほしい。

Sponsored Link